■倫理法人会とは

1.一般社団法人倫理研究所 一般社団法人倫理研究所は、昭和20年、丸山敏雄によって創設されて以来、研究・教育・出版・普及等の事業で広く会員を募り、「生涯学習活動」としての倫理運動を推進しています。会員は個人18万6,158人、法人6万2,933社。書道や短歌による芸術活動、地球環境の保護と美化活動にも力を注いでおり、その輪はアメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス・ハワイ)ブラジル、中国、台湾にも広がっています。【 平成22年8月末日現在】
2.倫理法人会 昭和55年に創設された一般社団法人倫理研究所の法人会員の組織です。「企業に倫理を! 職場に心を! 家庭に倫理を!」をスローガンに、まず経営者が純粋倫理を学び、変わることによって、社員や社風を変え、健全な繁栄をめざしています。北海道から沖縄まで全国に729カ所の倫理法人会があり、同時にモーニングセミナー会場があります。【平成22年8月末日現在】
3.純粋倫理 守れば幸福になる厳然とした日常の法則、切実で、ひと時も離れてはいられない生活の法則(くらしみち)が、無数の体験によって日々実証されつつあります。倫理研究所が研究と普及に努めている「純粋倫理」がそれです。
「純粋倫理」は人間社会(人と人)における基本のくらしみちであるのみならず、人と物、人と自然のあるべき在り方を律する自然の法則ともいえるのです。この「純粋倫理」を踏まえなければ、軌道をはずれた人類が招いた現代の危機的状況も、根底から回避できないでしょう。私たちが歓喜の人生と輝かしい21世紀を切り拓くことができるかどうか、その重要な鍵を「純粋倫理」は握っているのです。
4.倫理法人会の活動内容
  • 経営者モーニングセミナー

    ■経営者モーニングセミナー経営者を対象として毎週1回、早朝6時から開催。
    全国600ヵ所の会場で、企業のトップが自らの生き方や会社のあり方を学んでいます。
    朝型の生活習慣を体得するとともに、会員同士の交流・情報交換の場として、倫理法人会活動の柱となっています。

  • 経営者の集い

    ■経営者の集い会員企業はもとより、広く地域の企業にも純粋倫理を伝えるため、各倫理法人会の主催で定期的に開催。
    倫理経営についての学びを深めています。

  • 後継者倫理塾

    ■後継者倫理塾会員企業の後継者を育てるとともに、純粋倫理の学習を通して倫理法人会の後継者育成を目的として開催しています。

  • 倫理経営講演会

    ■倫理経営講演会毎年1月から6月にかけて、開催。
    平成27年度は「ここに活路あり 〜大転換をいかに乗り切るか〜」をメインテーマに開催しています。→開催スケジュールはこちら

  • 職場朝礼の推進

    ■職場朝礼の推進社内の明朗化と活性化を図るため、「職場朝礼」を推進。
    テキストの『職場の教養』は、毎月150〜160万部を発行しています。
    朝礼研修 …… 活力溢れる朝礼の実施をめざし、企業での指導も行なっています。

  • 企業倫理セミナー

    ■企業倫理セミナー倫理研究所の教育施設、富士高原研修所(静岡県御殿場市)での宿泊研修。
    経営者、幹部・一般社員の各コースがあります。
    ※富士高原研修所のご案内

▲ページの最上段へ