法人レクチャラー

各レクチャラーの方について、あるいはその方の講話に対する感想を募集しています。
ホームページ編集部宛メールにてお送りください。
いただいた感想は編集部内にて精査し、一部編集を加えさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

主な講話テーマ:あの時 3回目の倒産が大きな別れ道だった。

株式会社誠和 取締役会長 東 文弘
名古屋市熱田・港倫理法人会 相談役

Profile昭和22年4月6日 岐阜県高山市生まれ。
2男1女の3人兄弟の3番目の戦後生まれの末っ子で、16歳で社会人デビューしてから会社を転々として22歳で結婚、結婚後も会社を転々として38歳で会社を創業、悪戦苦闘の連続です。
2010年に長男が事業を継承して私が会長に就任しました。
社員(パートさん含め)190名の会社ですが、我ながら我が強くて困っています。
皆様と共に倫理経営をもっと勉強してよい会社を目指しています。

講話内容倫理法人会に出会って自分の人生を「万人幸福の栞」通りだと気付いて受け止め方が変わり、会社と家族に対する思いに大きな変化が起こり、考え方を正しい道へ向かう事が出来るようになりました。
自分が経験した3回の倒産!

1回目 小学校5年生の時に親が倒産
2回目 25歳の時に結婚2年目にて開業した店が倒産。
3回目 38歳の時に勤めていた会社の倒産

こうした苦難は今、思えば 「苦難は幸福の門」だったと思います。

▲ページの最上段へ